どうにも入れ歯がしっくりこない、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもインプラント治療がすすめられるでしょう。

外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつける治療で、おおむね保険適用外となり、治療費は高額ですが入れ歯よりもはるかに自然な見た目で、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書は必ず要求されるので絶対再発行されないと肝に銘じておき、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が一部で見られます。

義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。

これには、義歯と歯茎の間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしていることも考えられるので、放置はできません。より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、標準的な治療で、インプラントを一本入れるのに30万円から40万円かかります。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに料金はずいぶん違ってきます。

事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、最終的に治療を受ける歯科医院を決めることが肝心です。ここで重視すべきなのはインプラント治療経験者の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラント手術を特に専門とする歯科医もおり、トラブルは減りましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、歯がグラついて違和感を覚えるなどの事例もあります。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に起因することが多いといえます。なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。

ですが、インプラントを入れた後、歯茎の腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。感染が重篤化する危険性があるので即刻診断を受ける必要があります。

これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはまずないと考えてください。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近くかなり自然にうつり、この歯はインプラントだと自分でいわなければもしかしたら義歯かと思われる心配もほとんどありません。

義歯だと思われたくない方にはおすすめしたい治療法です。手術によってインプラントを埋め込んだ後は痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけてください。日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は控えることが望ましいです。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。日頃から運動をしている方は、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。インプラントの埋入も、骨を削るので手術時に神経を損傷する危険を伴います。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果は原則的には一生持つとされていますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当医の技量によっても変わるようです。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、その分、人工歯の寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんからその費用もみておかなければなりません。

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織を回復させるために、ニコチンも一酸化炭素も相当の妨げになります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと思ったら大間違いです。

傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと当然、歯肉炎や歯周病は起こり得ます。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

劣化させないための口内ケアを歯医者さんや衛生士さんが教えてくれますから、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。

担当歯科医による定期的な経過観察を受けるようにしましょう。数々のインプラント治療の問題点について、聞いたことがあると思います。

その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという説があったのではないでしょうか。でも、気にしなくて良いです。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査には問題ないのです。歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが良いと言えます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。

インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって違和感が比較的少なく、手入れしながら、長い期間使うことができます。インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての普通のインプラント治療の中でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

ですから、歯科医院を決めるときに感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。

インプラントという治療法を聞いたことのある方も多いでしょう。

これは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。

旧来の入れ歯と比べた場合、審美性は高く、また食べ物の咀嚼も自然に行うことができます。

インプラント治療には、歯科医、歯科技工士といった医療スタッフの卓越した技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術であり、医療費は高額ですが効果はそれに見合ったものです。

どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。

このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されてインプラント治療に決めました。保険がきかないため、高額になりますが自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

治療後、噛めるようになると、ほどなく違和感なく噛むことができるようになり歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、インプラントの根元はあごの骨の中にしっかり入っています。だからガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど強いものでもあります。

どんなガムでも、もちろんキシリトールガムも平気で噛めます。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。実際のところ長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいと、患者が考えている場合です。例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を考えた方が良いですね。

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査など検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的に治療をすすめていくので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することでより快適に、長期間使えるようになるのです。

ここから