年々進化を続けるインプラントの技術。

近頃では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。上部構造(義歯)が人工歯根にしっかり接続されておらず、噛んでいるとグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが治療の成否に関わる問題です。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で具体的に示している歯科医院もごく普通になっているので、あれば必ず見ておきましょう。

いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくというのもありえます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることが夢をかなえるためには大事です。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている可能性も考えられます。

自分もそうかも、と思った方は、早期に診察してもらうことが大切です。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、人工の歯根を埋没させて癒着させ、その上から義歯を付けるものです。入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の極めて高い医療スキルを欠かすことは出来ません。

それだけの技術が惜しげもなくつぎ込まれた高度な治療法ということであり、その分高額になっているのです。

インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗してもやり直しできないことが多い点です。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、人工歯根とあごの骨を結合させてしまうのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。

それに、埋入手術の際には周辺の神経を損傷する危険性もあります。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯の根元が骨に埋まっているので残った歯と同じような使用感があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。

自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

相場は地域によって異なります。

歯科医院の規模や、歯科医の評判も費用の差になってきますので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

チェック事項はいくつもありますが、まずインプラント治療を受けた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて埋入手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。高額な治療費を気にされる方もいますが、インプラント治療はほとんど全部が自費です。

保険が適用されればありがたいのですが、この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントが周りの歯の間で落ち着くまでにも時間がかかり、時間に見合った医療費がかかります。

これを保険適用にしてしまうと、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるためその都度、費用がかかります。

多くの場合、三ヶ月に一回くらいで定期検診を受けるように言われます。メンテナンスを受けるごとに支払う料金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材でできているからです。

インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費と考えてください。

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。インプラント治療を始めるとき負担に感じるのは、費用の問題も大きいと思います。

おおむね保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。ろくに歯磨きもしないでいると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースでは他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント。ですが、難点もあるということに気を付けてください。それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラントは、骨に器具を埋め込むという、患者さんの負担も大きい治療です。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するために不断のケアが求められます。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受ける必要はずっと続きます。インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、痛みの治まる気配がないときは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためたくさんの症例を治療してきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

また、できれば費用面での疑問に応えてくれる、感染症予防策をはっきり示している、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも歯科医を決めるためには重要なことです。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは骨と一体化して安定した歯根となりやすく身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。

実は、かかる費用は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどがおおよその相場と考えてください。インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでインプラントだとカミングアウトしなければもしかしたら義歯かと思われる心配もいちいち考えなくて良くなります。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、その後のケアに手を抜いては意味がありません。

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、必ず守るようにしてください。

治療技術が進歩しても、結局大事なのは自分自身でのケアなのです。加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

インプラントは、人工歯根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。

インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。ブリッジ治療では、橋桁状の義歯をつけるために、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。口を開けたところを見ればどちらかというとインプラントが良いと言えます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという辛い面があります。

費用や手間の面から考えても、インプラント治療はブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんが受ける治療です。抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。インプラントは入れ歯に比べ、歯根がある分だけ噛み心地は自然で、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。典型的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、おおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。

確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年で申告することになるので、保管しておいてください。様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全ては歯科医の裁量にかかっており大きく違ってくると言うべきです。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。

とにかく入念に、歯科医選びをすることが治療全体の大きな部分を占めます。

参考サイト