浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は冷静でいることが難しくなってしまう可能性は否定できません。 普段は冷静でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が過去にも多いのです。無事に解決するためにも、確かな証拠を得るためにも、浮気現場を押さえるのは人探しに任せるべきでしょう。成功報酬と言って誤解されがちなのは、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間あったとしてその3日間だけ浮気をしていなければ調査は成功ということになるでしょう。実際のところは不明確であっても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、浮気とは分からないまま、調査期間を終えてしまい、成果もないのに成功報酬を支払わざるを得なくなるでしょう。

 追跡グッズという人探しが使うものは 自分でも買えるものかと言いますと、買うことができるのです。追跡グッズは、GPS端末を一般に使うことが多いのですが、誰でもネットなどで購入できます。

車両に載せるタイプのGPS端末は、車の盗難を考えた上でつけておくものですので、当然、誰でも購入できます。日々、相手の生活の様子を観察するのは自分ひとりでできないことではありませんが、浮気を認めざるを得ないような証拠を入手するためには、やはり、しっかりノウハウを持ったプロの探偵に頼んだ方が安全、安心です。

それに、探偵に頼んだ場合には、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。

しょっちゅう同じ電話番号から取っていたりまた掛けていたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度間違いないと思われます。その後、その電話番号の持ち主を断定することができますね。

ですが、気の回るパートナーですと、浮気相手との電話の後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。法律的に、結婚している男女が配偶者ではない人と肉体関係を持つことを不倫と定義しています。すなわち、法律の上では、性関係になければ、一緒に出かけたりしても、不倫じゃないということです。

男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。不貞の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、金額は少なくなってしまいます。

それに、不倫した相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要となります。

第三者からみても明白な浮気の証拠が必要です。

成功報酬制度を持った探偵事務所に浮気の調査を依頼すれば損はしないと思いがちですがケースバイケースでそうでないこともあります。成功報酬の条件では調査を不成功で終わった時、料金の支払いをしなくてよいので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。ですから、成功報酬の人探し事務所に特定して、利用しようとしている人もいます。

相手が全然知らないうちに、浮気しているという客観的な証拠を掴むためには、しっかりした機材と技術が必要になります。

浮気の現場をカメラにおさめても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にならないのは仕方の無いことです。浮気の調査を人探しに任せると、非常にコンパクトなカメラを使って相手にバレないようにはっきり判別できる写真を撮ります。

尾行料金の相場はと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。

当然のことですが、調査員が1人であれば安く、増えれば増えるほど高くなります。

そして尾行の際、移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認が大切です。

結婚した人の不倫を調査を探偵にお願いする時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間を前もって協議します。

時間給の相場は1時間あたり1万円以上なので、調査期間が長期になればなるほど調査料金が高くなります。興信所などによって、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、口コミなども調べていったらいいと思います。

浮気調査で先ずすべき事は、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。

疑問が確信に変わりきらないケースではひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。

証拠が揃い、浮気が間違いなくなったならば、ここで浮気相手が誰かを探ることとなります。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、貴方の知らないところでパートナーが逢い引きしている人物を確認するのです。不倫の問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談しましょう。

もし、不貞の証拠を掴もうとしている場合には、人探し事務所とか、興信所に行って相談するのがいいです。

相談者が女性の場合、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、後で噂になりたくないなら、絶対にいけません。探偵に浮気調査を依頼して払う費用内容は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。

実費とは具体的には交通費やフイルムや現像料などをいいますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。そして、時間給とは、何人で何時間調査したかで、費用が算出されます。

調査にかかる期間が短くて済めば費用も安くすむわけです。

探偵について、その特徴を考えると、誰かに不審に思われないようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、興信所から来たことを明かして表立った調査をしているようです。探偵と言うのは、人の行動を調べることに長けており、対象についての情報収集は興信所が上手いと言っていいでしょう。

飲食店などの領収証の記載には飲食時の人の数が書いてある事があるので、浮気と判断する際の決定的な証拠となるでしょう。ほかに、クレジットカードで決済した時は月ごとに確かめるようにします。仕事で使ったにもかかわらずビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、浮気相手と過ごしていたと判断される事があります。慣れないことを自分でやるよりは、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。

探偵にお願いすると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。

自ら浮気調査をしてみても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。でも、パートナーに詰め寄っても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、有利な条件を引き出して離婚することは不可能です。そのため、確実な証拠というものが必要になります。GPS端末は、車の使用者の気づかないような場所に忍ばせ、行動を常時監視し続け、現在地を把握したり、記録したデータを後から取り出して行動を確認することができます。車より、公共交通機関などを利用する人には、普段、持ち歩くカバンなどにGPS端末を隠しておくことも可能です。

それによって、相手が行った場所やそこにどのくらいいたのかもわかります。

動きを記録しておくことで浮気の決定的な証拠をつかむこともあります。普通は、人間の一日一日の行動にはパターンができてくるものです。

ところが、浮気をしてしまっていると、その習慣が変わってしまいます。

その曜日や時間帯に着目し、断定ができたら、注意して動きを観察するようにすると、浮気の証明ができる可能性が上がります。

探偵に浮気調査をお願いして、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。信頼のできなくなったパートナーと一生共に生活することは相当な心の重荷になりますから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。

それと、原因となった不倫相手に慰謝料の請求をしておけば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。

浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、調べる時間が少なくて済むので、それだけ調査費用が節約できるわけです。

だからといって、浮気の日時を気づいている場合でも、見知っている人にお願いして写真撮影をお願いすると、骨折り損になることは確実です。

気づかれずに写真撮影を行うにはプロの人探しに調査してもらうのがベストなのです。

なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、ある程度自分で前もって調査をすることでしょう。調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。毎日のパートナーの行動記録をいいのです。

毎日の出勤時間、帰宅した時間、電話がかかってきたならば、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。

人探しが浮気調査する時でも失敗することがないことはないのです。

探偵が浮気調査に精通しているといっても、失敗しない保証がありえます。

パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。加えて、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠を入手しようがないです。浮気の事実関係を委託調査する際には、支払う料金が低過ぎたり、 または高過ぎる料金であったりする業者ではなく、詳細なプランや金額が設定されており、事後に追加料金を支払わなくて良いような人探し事務所が望まれます。

そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか前もって確認しておきましょう。違法調査を実施しているところへは委託しない方がよいでしょう。信頼できる人探し事務所を選びたいときには、口コミをチェックするのも有効です。間違えないでいただきたいのは、その人探し事務所が運営するサイトに記載された口コミを見るのではなく、運営が異なる掲示板や相談サイトに載っているような口コミをチェックするといいでしょう。

該当する人探し事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼性は高いものになるはずです。

浮気という証拠はカーナビでもつかめるでしょう。

カーナビにある履歴を確認し、相手と車でデートし、浮気した場所を見つけられるのです。

あまり見たことのないところの履歴があった場合、注意が必要です。そして、しばしばガソリンが入れられていた場合、車で会っているかもしれません。

調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発見された時、結婚生活を維持するかどうか選択に困りますよね。

まず頭を冷やして、人探し事務所に依頼の電話をかける前に、一度考えてみてはいかがでしょうか。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、当然の権利として慰謝料の支払いを求め、離婚という別れを選択するのも一つの方法です。

あなたの配偶者が不貞を犯したら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。しかしそのような場合でも、不倫を始めるより前に、家庭内で別居している状態であったり、もはや夫婦とは呼べない状態だったときは、慰謝料を求めることが難しいでしょう。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、歳や婚姻年数など全体的にみて裁判所が慰謝料を決めます。せっかく探偵が問題なく仕事をしていても、依頼者自身が焦ったりして、パートナーが何か変だなと勘付いてしまって浮気調査が難しくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。人探しに依頼したからといって、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。成功報酬にするのかどうかについても、依頼をする時にちゃんと確認しておきましょう。

探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、結果として成功した調査でないと調査料金が発生しないという不安要素があるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。

そのように考えると、成功報酬制を採用している方が、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。

調査に対するこれまでの実績などもチェックして、料金システムに関して不安がない人探し事務所に依頼する方が納得いく結果が得られるでしょう。

参照元