調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が発見された時、別れるべきか否か心が乱れますよね。まずは落ち着いて、浮気調査を依頼してしまうよりも先に、あれこれ考えを巡らせておくべきです。

夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

自分でいろいろするよりは、専門家である人探しに浮気調査を依頼しましょう。

探偵に依頼すると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。

でも、パートナーに詰め寄っても浮気の事実を認めようとしなかったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。

有利な条件の離婚には確実な証拠がどうしても要ります。自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、慰謝料を求めることが難しいでしょう。

慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、何歳であるか、何年結婚しているかなど総合的に判断して裁判所に委ねることとなります。

探偵の浮気調査の場合でも失敗する場合があるでしょう。探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗することが全くないとは言えません。相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。加えて、浮気調査期間中に不倫相手と密会しない場合には証拠写真も撮れません。

しょっちゅう同じ電話番号から電話が掛かってきていたりまた掛けていたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのはとても高いと言えるでしょう。

その後、その電話番号の持ち主を断定することができますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手と電話をしたあとに通話の履歴を削除するということを抜かりなく行うといったような事もあります。

SNSを通じて浮気の証跡を発覚することもあります。

SNSは実名を公表しないのでついうっかりパートナーが、個人が特定される事はないと安心して私生活を公表している事がしばしば見られます。

場合によっては、浮気を裏付けるような記載をネットにアップしてしまう事もあるのです。

ユーザー名を知っていたら読んでみて下さい。

浮気調査に必要な期間は、平均では一週間以内です。覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも平均の期間です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間以上、時には1ヶ月ぐらいかかってしまう場合もあります。

逆に、怪しい日があらかじめ分かっているなら、1日で十分な証拠が集まることもあります。

相手に全く覚られずに、誰が見ても明白な浮気の証拠を手に入れるには、必要とされる技術および機材があります。浮気現場をせっかくカメラで撮影しても、顔が見分けられないような露出不足だと証拠にはできません。

浮気を人探しに調査してもらうなら、超小型の機材を使い相手にバレないようにはっきり判別できる写真を撮ります。立ち寄る場所がわかる機械を利用して、頻繁に行く場所を調査して、近くの喫茶店などで様子を伺っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、その実態を把握することは可能です。

費用のご準備が十分ではないときには、地図情報システムで調査するのも、様々なやり方の選択肢の一つです。

GPS装置がつけられていることがわかってしまう事もあります。

浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。それは、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。

疑問が確信に変わりきらないケースでは改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。

残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。仕事先など、あなたの確認できない場面でのパートナーを調査したり、あるいは張り込んだり等、不倫相手の正体を確かめるのです。

飲食店などの領収証の記載にはご飯を一緒に食べた人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気の動かぬ証拠となるでしょう。

かつ、クレジットカードを使用した支払いの詳細はしっかり月ごとに見るようにします。

仕事でありながら宿泊先がビジネスホテルでなかったり、シングルの宿泊費にしては高額だったりすると、誰かほかの人と一緒にいたと推測される場合があるでしょう。

探偵の尾行代がいくら位かと言うと、調査する人の数にもよりますが、だいたい1時間あたり1万〜3万円ほどです。当たり前のことですが、調査員が少ない人数なら安く、多いほど高くなります。

また、尾行のために移動のために車やバイクを使った場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認するべきでしょう。

離婚も辞さないつもりで、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉め事を大きくする可能性があるので、できるだけ避けましょう。

あなたが信頼する人と一緒に行けば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。心から信頼する人が一緒に行く都合が付かない場合には、人探し等に頼むことをお勧めします。探偵に浮気の調査を要請して、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。相手が信頼できなくなってしまったら一生を共にするのは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、しっかりと慰謝料の請求をし、結婚生活と決別することもいいかもしれません。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を請求したならば配偶者との関係を確実に終わらせることができるはずです。浮気の調査をするときには、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、どのような調査が行われるかにもよりますが、調査に行くのは2人程度なんだそうです。しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、調査員が1人で浮気をしているかの確認をすることが多くなります。

浮気が現実であると判明したら、再度計画を立てて浮気調査の費用の節約には、事前にある程度自分で調査してから調査会社へ依頼することです。難しそうに聞こえてしまうかもしれませんが、実際そんなことはないのです。

何をすればいいかというと、パートナーの毎日の行動を記録するだけで良いだけです。

日々の仕事に出掛ける時間、帰宅した時間、電話がかかってきたならば、その時間とどのくらい話していたかも記録しておくと良いでしょう。

実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。

相手がおかしいと思った時、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで集めようと思っても、配偶者に発見されてしまう可能性は低くないでしょう。

なぜでしょう。答えは簡単で、顔がばれてしまっているからです。GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに装着して、行動の様子をリアルタイムで監視し、現在地を確認したり記録したデータを後から取り出して分析することもできます。

あまり、車を運転しない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。

これで相手がどこをどう移動して、滞在した時間も割り出すことができるでしょう。浮気調査は専門家への依頼が一番と言われる由縁は悲しみの余りその場で暴力に訴えてしまう可能性は否定できません。

 普段は冷静でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと自分を見失ってしまうケースがこれまでに多くありました。

平穏に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、専門家である探偵に依頼するべきでしょう。

プロの人探しに浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。

特にお子さんがいらっしゃる場合、浮気をした、されたといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。養育費を請求できたところで貰える額は少ないですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、仕事をしながら育てるのは心身ともに大きな負担になります。

それは男性の場合であっても同様で仕事をしながらどちらも上手くこなすのは難しいでしょう探偵は依頼されたことのみを調査すればそれだけでいい訳ではありません。

浮気を調査していると、思ってもみないトラブルが起こる時があります。

そんな状況になった時に、依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる人探しが信用していい探偵と言うものです。人探しを信頼してもいいか判断するには、相談した時の対応などでよく考えて判断するようにしてください。格好をチェックすることで浮気の証拠を見つけられます。浮気をしている人に、明確に分かるのは身なりの変容です。以前はファッションに対して無頓着だったのに、突然、服装にこだわりができたらよく見ることが重要です。これから先浮気をしようとしていたり、もう浮気の相手がいるかもしれません。法律の中で、夫婦関係にある人が婚姻関係にない人と自分から男女の関係になることを不貞と定めています。すなわち、法律の上では、性的に親密な関係ではなかったなら、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではありません。自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、人探しや興信所に調査を依頼してみることができます。

配偶者の浮気を疑い、外部機関に調査を依頼する時には、法外に低料金だったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、後で追加料金を請求してこないような人探し事務所が望まれます。

他には、人探し業者としての必要届出を済ませているのかどうか事前調査が必要です。違法調査を実施しているところへは浮気調査の依頼をやめておきましょう。探偵には悪いところがなくても、依頼者自身が焦ったりして、パートナーに気づかれてしまって、浮気調査が難しくなり、うまく行かない事もあるのです。いくら探偵の浮気調査でも、確実に証拠が手に入るわけではないのです。成功報酬にするのかどうかについても、契約書を作る際に決めておくことが大事だと言えます。浮気の証拠をとらえるためには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。

とはいえ、探偵への調査依頼は調査料金も安くはないですから、どんな人にも簡単に依頼することができるとはいえません。

人探しさんへの浮気調査の依頼には、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所の違いで料金はまちまちなので、依頼前に一度見積もりをしてもらうとよいでしょう。成功報酬制の料金体系を設定している人探し事務所は、調査に成功したケースでしか報酬が得られないという不安があるため、成功報酬の金額は割高に設定されていることがほとんどです。そのため、成功報酬だからということで、浮気の調査費用が安くなるわけではないのです。実際の調査能力などもチェックして、料金システムに関して不安がない人探し事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。

よく着る服装が変化してきたら、怪しいです。趣味を浮気の相手のものに合わせようと考えていたり、格好よく見えるよう頑張っていたりすることもありえます。

ある日から、服装が年相応でない色や柄のものを選択するようになってきたら、かなり浮気の恐れがあります。

とりわけセクシーな下着をはくようになってきたら、浮気の可能性があります。

日々の生活の中で、相手の行動をよく見ておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、ごまかしきれないような浮気の証拠を押さえるのには、専門職としてノウハウを持っている人探しに頼んだ方がトラブルなく、確実に結果が得られます。

そして、探偵に頼む場合、ただ、浮気に関する調査報告をもらうだけでなく、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。

浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所に頼めば得になるかと言えば実際にはそうでない場合もあります。

成功報酬の条件ではもし調査が不成功の場合、報酬を払わずに済みますから頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。

したがって、ことさらに成功報酬制度をうたっている探偵事務所に限って、利用しようとしている人もいます。

引用元